カーディナルグランドクロスについて。。

今日は占星術のことについて少し書いてみます。。

専門用語炸裂なので
興味の無い方はすっとばして下さいね。

星をやってる人には、2014年の4月の天体ショーは
とても興味深いものがあります。

まず15日は月食でした。
そしていよいよ、待ってました!?の
22、23日のカーディナルグランドクロス。
29日は日食もあります。

15日の満月の近くには、地球に接近した、
逆行中の天秤座の火星が見えました。
この火星が22、23日には13度付近まで逆行し
タイトなグランドクロスの一角になります。

昨日見た月も、まだ赤くまどろんで
いつもと違う雰囲気で夜空に浮かんで見えました。。

ネットでは、このグランドクロスのことについて
連日戦々恐々。。もの凄い盛り上がりです。

一体何が起こるんだ、この期間は不要な外出は避け
車には乗らないこと、重要な契約をしないこと...などなど
すごい怖がりようだったりして...
(そんなこと言ってたら仕事になりませんよね)

こおいう時、占い師の人間性というか質が出るな〜〜〜と
つくづく思います。。
もし誰かに占いをしてもらおうと思うときは
占い師選びには充分注意して下さいね。

その人の人間性が貧弱で、固定概念が強ければ
そのような価値観を
植え付けられてしまうからです。。

同じ結果なのに、その人の良い方の資質を見いだし
ポジティブな未来が開けるようなことを
言う人もいるのです。

それに、いくら自分に不都合なことであったとしても
それを避けようとしたら(今までのグランドクロスで避けて来た人は特に)
もっと大きな形でダメージが来てしまいます。
だってまだまだカーディナルグランドクロスは続くのですから。。

自分の成長と学びの為にも
受け入れた方が良いということもあるんですよ。

IMG_9303.jpg

今回のカーディナルグランドクロスは
牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座の13度で起こります。

太陽が牡羊座13度の私は、まさにこの天体ショーの
スポットライトを浴びている、主役ということになります!!

けれどこのカーディナルグランドクロスは、
今に始まったことではなく
もう個人的には2011年の震災前後からずっと感じていて
去年がそのピークでした。
ブログではいちいち書きませんでしたが
本当に状態が酷かったです。。

唯一同じフリーランサーで
悩みを共有できるKちゃんやTさんには
しょっちゅう愚痴を聞いてもらってましたが
(本当に友達ってありがたいです。。
この吐き出しがなければ、とっくに精神的に潰れていたと思います。。

心身ともにガタガタ、ボロボロ。
仕事、プライベート、上手く行かないことだらけで
眠れない日々。。寝ようとしても
どす黒くて、非常に重い雲が布団の上にのしかかり
ものすごいプレッシャーをかけてくるのです。。

心臓をぎゅ〜〜と鷲掴みされたような
なんとも言えない恐怖感。

山羊座冥王星の圧力というものを肌で感じました。。

それでも、グランドクロスの言うところの
古くて要らない物を脱ぎ捨てて、自律して自分の力で新しい境地へ行く。
ということはきっちり出来たようなので
私の場合はもうカーディナルグランドクロスは影響を受けないのです。

先日の月食も、実はものすごく楽しいことがあり
この感覚は久しぶりです〜

yuiのCHERRYを思わず唄いたくなるような。。


IMG_9694.jpg

結局長い人生、生きてたら
大変な星の配置とシンクロしてしまうことは多々あるのです。
私は自分のホロスコープでは魚座の土星が非常に強いので
(1ハウスにあってアセンダントの守護星。アスペクトも最多です)

土星は使いこなしている方だと思いますが
トランジットの土星も非常に効きます。
前の天秤座に土星があった時期もしんどかったのですが
忍耐で乗り越えました。

こうやって人は、乗り越えるたびに強くなっていくのですね。。

それでもそこはやっぱり本人が産まれる前に
「この歳のこの時期にこおいうことがあって、こおいう経験をして
自分の学びにしよう」と決めてきている可能性が高いのです。

グランドクロスだから、その日に何か怖いことが起こる、
のではなく、それは徐々に影響として
何年か前から出ているはずで
本人はうすうす自覚しているはず。

だからそこから逃げないこと、姑息な手段で回避しようとせず
それを乗り越える努力をしようとすること。

グラドクロスは古い物を脱ぎ捨て
新しいところに変化して行く大きな動き、流れです。

その勇気さえあれば
悪いことは決して当たりません。。

それとこおいう時期は
思い切りストレスを受けまくるというのも良いと思いますよ。

大体ストレスやプレッシャーが無ければ
自分の中にある能力なんて絶対に引き出せません!

私なんて地方でイラストを描いてる分
何でも描かなければならず
前回は小さいイラストを淡々と描いてたのに
次には思い切りサイズの大きい
しかもよくわからない分野の絵を依頼されたりなんて
しょっちゅうです。。

「こんなの絶対描けないわ。。」と
心の中で焦りまくって、不安でどうしようどうしようと
悩みながら20年来ましたから。。

でも描き上げると「こんな絵もかけるんだ〜」という自分にびっくり。

一昨年からは文章にまで挑戦して
それがもの凄いプレッシャーになりました。

一人で全部決めて、知らない人にコンタクトを取り
慣れない車の運転で取材へ行き
そこでいろいろ話を伺って。。本当に
今でも怖いです。

こうやって自分に負荷を次々とかけているのですが
ちょっと趣味で絵を描いていますとか
好きな絵しか描きません、などと言ってられない、

私はこれでごはんを食べているわけだから
乗り越えていかねばならないのです。。

安穏とした中では人は成長出来ないし、
能力を開花させることは出来ないと思うのです。。


今日ちょっとこおいうことを書いたのも
私の小中学校の初恋の人の実家が、最近
お店も一緒に無くなってしまい(突然更地になっていた、、)

義理のお姉さんが自殺されたと聞いてショックを受けたからなんです。。

ウオーキングでその家の前を通るたび
子どものころのことや、初恋の人のことを思い出したり
その家もはたから見る限り、とても幸せそうに見えたし
いろいろな想いを寄せていただけに
本当に衝撃だったのです。。

グランドクロスはとても大きなアスペクトで
誰のホロスコープの中でも
どこかのハウスで必ず起きます。

月の動きなどで簡単に出来てしまう為
回帰図でグランドクロスになる人も多く
ここ数年、今まで経験したことのないような辛い状況に
陥っている人もたくさん居ると想像します。。

古い物を脱ぎ捨てて新しいところへ行くには
痛みを伴うのは仕方が無いことかも知れません。。

でも自分に超えられないことは絶対に起こらないのです。

今魚座の金星と海王星の状態が良いので
辛いときは芸術や音楽に触れることです。

想像以上の癒しを得られると思います。

魚座の金星と海王星なのでレトロなものが良いですね。

海王星が蠍座にあった60年代あたりの音楽など特におすすめです。。

私は最近、昔も好きでよく聞いていた
Smorkey Robinson &The Miraclesなんかをよく聞きます。。
The Dellsのalways togeterとか
あとSam Cooke、Spinersなんかも良いですよね〜〜

この辺りのR&B大好きなんです。。

まあ、サザンでもボストンでも(と適当に書いたけど
どちらも魚座色の濃い〜バンドですよね)
ちょと古めな音楽でも聞いて
この厳しい時期を乗り切りましょう〜〜!!

そして、新しい自分を発見しましょう〜〜!

IMG_0451.jpg

2014.04.17 | | 西洋占星術の部屋

ネイタルの土星とトランジット海王星の合。

今、仕事のことで非常にもやもやした状況下にあります。。

詳しいことは書けないのだけど

出版社都合でなかなか仕事が進まない。
いや、進めてくれないと言った方がいいという感じかな。。。

いったい何が原因でストップしているのかも
教えてもらえないまま
ただ時間だけが過ぎて行く状況で
私もこの仕事をはじめて(フリーになってから)
20年も経とうかというベテランさんなのに
こんな状況は初めてで大変とまどっている次第です。。

すぐに思ったのは「やっぱりネイタルの土星と
トランシット海王星の合のせいかな〜〜」
ということ。。

私は上昇宮が山羊座で1ハウスに魚座の土星があるため
土星は他の惑星より重要な意味を持つ星なのです。

そこに今進行中の魚座の海王星がタイトに乗ってて
しかも乙女座の火星とオポジション。このアスペクトは結構きついです。。
かなりヘビーなもやもや感にさいなまれています。。

私が購読してるブログ「毎日がチャンス日!」の
リマーナすずさんも書いておられたように

N土星とT海王星の合って「土星が象徴するものを、
海王星がゆっくり時間をかけて腐らせていく。溶かしていく。」

そんな感じなんです。

何もこれは私に限ったことではなく
同世代の魚座初期に土星がある人たちは
似たような経験をしている真っ最中なのかも、と思いますが。。

ただ書いたように、私にとって土星は特に重要な星だから
効くんですよね。。

今までの人生、土星には「仕事」を投影して生きてきたので
今この「仕事=土星』が非常に当てにならないもの、
将来の見通しが立たないもの
段取りができないものになってしまっているわけです。。

今後この海王星はネイタルの乙女座天王星、冥王星とも
オポジションを形成していくので
増々当てにならない経験が増えていくのかもしれません。。(とほほ

自分の身体が当てにならない、という出方をすることもあるんですね。

そおいえば同世代では体の変調や病気面で出る人も多いようで
最近立て続けに知り合いが乳がんや他のがんにかかっています。。

又聞きでも「だれそれ(同級生)が病気らしい」等色々入ってきます。

私は、同級生の友人はなぜか乙女座生まれがダントツで多いのだけど
実はそのうちの数人に「若年性ボケ」を疑っています。。(苦笑)

海王星が魚座に入ったくらいの時に
一番がっかりしたというか、今まで自分が軸にしてきたのに
見通しが立たないものになってしまったと
思ったのは「食品面の安全」でした。。

乙女座は自然食とかも現すので(マクロビオティックも乙女座と思う)
そおいう自然食を愛好して来た人にも
この魚座の海王星はこれからずっとオポジションになるので
無力感が広がっているのかもしれません。。

1ハウス魚座の土星で結構生真面目に
マクロビでもきっちりやってきた私には
やっぱり喪失感というか無力感が大きかったです。。

毎日毎日想像を超える量の汚染水が今も吐き出されている現状ですからね〜

今まで水を汚さないように、
環境に配慮して気を配って、、と
努力してやってきたことは
一体なんだったのだろうっていう気分になりました。。

ふ〜〜。。



2013.10.23 | | 西洋占星術の部屋

私と西洋占星術の関係。。

実はわたくし。
イラストよりも、フランスよりも
3度のごはんよりも好きで好きで
小4の時からずっとのめりこんできたものがありまして。。
(今はそうでもないですが)

それが西洋占星術なのです。。


一応このブログは「イラストのお仕事用」という建前もあり
趣味が突出しないよう、今までは抑えて抑えて
敢えて書かないようにしてきたのですが。。
(他の占いサイトを見ることは日常的ですが)

大きくバラしてしまうことにします(笑)

IMG_2061.jpg

(私の本棚にある星占いに関する書籍の一部です。
読み込み過ぎてどれもぼろぼろ。でも大変貴重な書籍だらけかと。。

特に早崎邦夫先生の「成功占星術」、松村潔先生の「占星術研究会」
ルル・ラブア先生の「ホロスコープ入門」、故紅亜里先生の「西洋占星術入門」
門馬寛明先生の「占星学」など、もう手に入るところはないでしょう。
魔女の家BOOKSシリーズもほとんどが絶版でしょうし...。)


取りあえず私の星の遍歴。


中学の時にMyBirthdayが創刊。
毎号夢中になって読み漁りました。

マイバは大人になっても懲りずに買い続けました。

21歳の時に門馬寛明先生の「明暗塾」に入塾。
(当時デザイン事務所でイラストを描いていたのですが
通勤電車の中や休憩時間に、友人知人のホロスコープを作っては解読したり
明暗塾の教科書を読みふけっている毎日でした。)

24歳の頃ルネ・ヴァンダール先生の西洋占星術講座に入学。
(ルネ先生の向かって右隣が、うら若き頃のわたしです)
img882 のコピー

この時氏にスカウトされ、東京に行って占い師になるか
その頃転職したばかりのGデザイナーの道を選ぶかで迷いに迷った挙げ句
やっぱり「手で何かを創りだす」という喜びの方を選び占いの道は断念しました。。


エルフィン、ミスティ、モニクなどの占い雑誌が次々刊行。
(特にエルフィンは占いとスピリチュアな分野の総合雑誌として
秀逸な雑誌だったので、どっぷりはまっていました。)

趣味にとどめていたのですが、やっぱり好きで好きで仕方なかったので
20代後半にマドモアゼル愛先生の占星術講座に入学。

この頃神戸の橋本航征先生の占星術講座も受講。


特にマドモアゼル愛先生には可愛がられ、
長野の別荘にも何度も伺ったり、早稲田の事務所にもよく行って
色々とお世話になりました。イラストのお仕事も頂きましたし。
愛先生のつてで故ルル・ラブア先生、
鏡リュウジ先生、松村潔先生などにも会うことが出来ました。


特に少女時代から憧れだったルル先生に会えた時は
天にも登るくらい感動して、言葉が出てこなかった程です。


イラストレーターなのに、好きな画家やイラストレーターに会うことより
占星術の先生に会うことの方が何十倍も名誉に思ってた私です(爆)


実は仕事としてやっていたことも少しあって
イラストの傍ら、別名でフリーペーパーで3年間毎月の占いの執筆を担当しました。

知り合いのお店で、個人鑑定などをしたこともありました。


イラストで食べれなくなったら
占いで生きて行こう〜〜なんて昔はよく考えていましたが
今はサイトも無数にあって、素人とプロの区別がないくらい
本格的で凄い能力の人がいっぱいいるので
それも無理でしょうね。。


そんな感じでこのカテゴリも
ぼちぼちと書いて行こうかと思っています。




2013.09.20 | | 西洋占星術の部屋

«  | ホーム |  »

プロフィール

ponomariko

Author:ponomariko
※ご意見・ご感想、お仕事のご依頼は
メールアドレス pallas_928アットマークyahoo.co.jpまで
よろしくお願いします。

兵庫県在住。
成安女子短期大学造形芸術科 日本画コース卒。

見た人の気持ちが優しくなったり
どこか懐かしい
絵を描くことが私の目標です。

パソコンを使った絵は一切描きません。

基本はペン+水彩画です。
イラストの仕事を始めてから
(勤め時代も入れると)約20年以上になります。

他に、西洋占星術、マクロビオティッ
ク料理(正食協会上級コー
ス卒業)、ヨーロッパ一人
旅、初代リカちゃん、
洋楽、昭和歌謡、
70年代文化愛好など
趣味も多彩です。




※ブログ内の画像の無断コピー及び転載はお控え下さい。
リンクはフリーです。

検索フォーム