ネイタルの土星とトランジット海王星の合。

今、仕事のことで非常にもやもやした状況下にあります。。

詳しいことは書けないのだけど

出版社都合でなかなか仕事が進まない。
いや、進めてくれないと言った方がいいという感じかな。。。

いったい何が原因でストップしているのかも
教えてもらえないまま
ただ時間だけが過ぎて行く状況で
私もこの仕事をはじめて(フリーになってから)
20年も経とうかというベテランさんなのに
こんな状況は初めてで大変とまどっている次第です。。

すぐに思ったのは「やっぱりネイタルの土星と
トランシット海王星の合のせいかな〜〜」
ということ。。

私は上昇宮が山羊座で1ハウスに魚座の土星があるため
土星は他の惑星より重要な意味を持つ星なのです。

そこに今進行中の魚座の海王星がタイトに乗ってて
しかも乙女座の火星とオポジション。このアスペクトは結構きついです。。
かなりヘビーなもやもや感にさいなまれています。。

私が購読してるブログ「毎日がチャンス日!」の
リマーナすずさんも書いておられたように

N土星とT海王星の合って「土星が象徴するものを、
海王星がゆっくり時間をかけて腐らせていく。溶かしていく。」

そんな感じなんです。

何もこれは私に限ったことではなく
同世代の魚座初期に土星がある人たちは
似たような経験をしている真っ最中なのかも、と思いますが。。

ただ書いたように、私にとって土星は特に重要な星だから
効くんですよね。。

今までの人生、土星には「仕事」を投影して生きてきたので
今この「仕事=土星』が非常に当てにならないもの、
将来の見通しが立たないもの
段取りができないものになってしまっているわけです。。

今後この海王星はネイタルの乙女座天王星、冥王星とも
オポジションを形成していくので
増々当てにならない経験が増えていくのかもしれません。。(とほほ

自分の身体が当てにならない、という出方をすることもあるんですね。

そおいえば同世代では体の変調や病気面で出る人も多いようで
最近立て続けに知り合いが乳がんや他のがんにかかっています。。

又聞きでも「だれそれ(同級生)が病気らしい」等色々入ってきます。

私は、同級生の友人はなぜか乙女座生まれがダントツで多いのだけど
実はそのうちの数人に「若年性ボケ」を疑っています。。(苦笑)

海王星が魚座に入ったくらいの時に
一番がっかりしたというか、今まで自分が軸にしてきたのに
見通しが立たないものになってしまったと
思ったのは「食品面の安全」でした。。

乙女座は自然食とかも現すので(マクロビオティックも乙女座と思う)
そおいう自然食を愛好して来た人にも
この魚座の海王星はこれからずっとオポジションになるので
無力感が広がっているのかもしれません。。

1ハウス魚座の土星で結構生真面目に
マクロビでもきっちりやってきた私には
やっぱり喪失感というか無力感が大きかったです。。

毎日毎日想像を超える量の汚染水が今も吐き出されている現状ですからね〜

今まで水を汚さないように、
環境に配慮して気を配って、、と
努力してやってきたことは
一体なんだったのだろうっていう気分になりました。。

ふ〜〜。。



2013.10.23 | | 西洋占星術の部屋

私と西洋占星術の関係。。

実はわたくし。
イラストよりも、フランスよりも
3度のごはんよりも好きで好きで
小4の時からずっとのめりこんできたものがありまして。。
(今はそうでもないですが)

それが西洋占星術なのです。。


一応このブログは「イラストのお仕事用」という建前もあり
趣味が突出しないよう、今までは抑えて抑えて
敢えて書かないようにしてきたのですが。。
(他の占いサイトを見ることは日常的ですが)

大きくバラしてしまうことにします(笑)

IMG_2061.jpg

(私の本棚にある星占いに関する書籍の一部です。
読み込み過ぎてどれもぼろぼろ。でも大変貴重な書籍だらけかと。。

特に早崎邦夫先生の「成功占星術」、松村潔先生の「占星術研究会」
ルル・ラブア先生の「ホロスコープ入門」、故紅亜里先生の「西洋占星術入門」
門馬寛明先生の「占星学」など、もう手に入るところはないでしょう。
魔女の家BOOKSシリーズもほとんどが絶版でしょうし...。)


取りあえず私の星の遍歴。


中学の時にMyBirthdayが創刊。
毎号夢中になって読み漁りました。

マイバは大人になっても懲りずに買い続けました。

21歳の時に門馬寛明先生の「明暗塾」に入塾。
(当時デザイン事務所でイラストを描いていたのですが
通勤電車の中や休憩時間に、友人知人のホロスコープを作っては解読したり
明暗塾の教科書を読みふけっている毎日でした。)

24歳の頃ルネ・ヴァンダール先生の西洋占星術講座に入学。
(ルネ先生の向かって右隣が、うら若き頃のわたしです)
img882 のコピー

この時氏にスカウトされ、東京に行って占い師になるか
その頃転職したばかりのGデザイナーの道を選ぶかで迷いに迷った挙げ句
やっぱり「手で何かを創りだす」という喜びの方を選び占いの道は断念しました。。


エルフィン、ミスティ、モニクなどの占い雑誌が次々刊行。
(特にエルフィンは占いとスピリチュアな分野の総合雑誌として
秀逸な雑誌だったので、どっぷりはまっていました。)

趣味にとどめていたのですが、やっぱり好きで好きで仕方なかったので
20代後半にマドモアゼル愛先生の占星術講座に入学。

この頃神戸の橋本航征先生の占星術講座も受講。


特にマドモアゼル愛先生には可愛がられ、
長野の別荘にも何度も伺ったり、早稲田の事務所にもよく行って
色々とお世話になりました。イラストのお仕事も頂きましたし。
愛先生のつてで故ルル・ラブア先生、
鏡リュウジ先生、松村潔先生などにも会うことが出来ました。


特に少女時代から憧れだったルル先生に会えた時は
天にも登るくらい感動して、言葉が出てこなかった程です。


イラストレーターなのに、好きな画家やイラストレーターに会うことより
占星術の先生に会うことの方が何十倍も名誉に思ってた私です(爆)


実は仕事としてやっていたことも少しあって
イラストの傍ら、別名でフリーペーパーで3年間毎月の占いの執筆を担当しました。

知り合いのお店で、個人鑑定などをしたこともありました。


イラストで食べれなくなったら
占いで生きて行こう〜〜なんて昔はよく考えていましたが
今はサイトも無数にあって、素人とプロの区別がないくらい
本格的で凄い能力の人がいっぱいいるので
それも無理でしょうね。。


そんな感じでこのカテゴリも
ぼちぼちと書いて行こうかと思っています。




2013.09.20 | | 西洋占星術の部屋

«  | ホーム |  »

プロフィール

ponomariko

Author:ponomariko
兵庫県でフリーのイラストレーターをしております。
パソコンを使った絵は一切描きません。
基本はペン+水彩画です。
イラストの仕事を始めてから
(勤め時代も入れると)約20年以上になります。

今までの仕事内容はリンクにあります
ホームページでご覧下さい。
メールアドレスもそちらにあります。

他に、西洋占星術、マクロビオティッ
ク料理(正食協会上級コー
ス卒業)、ヨーロッパ一人
旅、初代リカちゃん、
洋楽、昭和歌謡、
70年代文化愛好など
趣味も多彩です。

※ブログ内の画像の無断コピー及び転載はお控え下さい。
リンクはフリーです。

検索フォーム