昭和のイラスト。集団就職

BxSTrGI_j76kqFg1494639464_1494639550.jpg

1950年代から70年代まで続いた集団就職。

当時の東京や大阪の商店や企業の
人手不足を埋めるために、義務教育を終えたばかりの
農村の15歳達を乗せた集団就職列車が
一時期述べ3000本もあったそうです。

背景には高校まで行かせてやれない
農村の貧困があったのは確かですが
たった15歳で親元や故郷を離れて
都会へ向かう少年少女達の想いはどんなだったでしょう。。

待ち受ける都会暮らしは、労働条件や生活環境も
決して良いと言えなかったでしょう。。

それでも若い少年少女達は
一抹の夢や希望を抱いて
列車に乗り込んだに違い有りません。。

見送りのホームでは
激励の旗を振ったり、歌を唄ったり
親やお祖母さん、兄弟たちが
涙を流しながら別れを惜しむ場面。

引率の先生に「息子をよろしくお願いします」と
頭を下げる母親。

今の就労環境や
交通事情、距離感とは全く違いますから
まるでこれが
一生の別れのように感じたでしょうね。

2017.05.22 | | 最近のイラストのお仕事

«  | ホーム |  »

プロフィール

ponomariko

Author:ponomariko
兵庫県在住。
成安女子短期大学造形芸術科 日本画コース卒。

見た人の気持ちが優しくなったり
どこか懐かしい
絵を描くことが私の目標です。

パソコンを使った絵は一切描きません。

基本はペン+水彩画です。
イラストの仕事を始めてから
(勤め時代も入れると)約20年以上になります。

他に、西洋占星術、マクロビオティッ
ク料理(正食協会上級コー
ス卒業)、ヨーロッパ一人
旅、初代リカちゃん、
洋楽、昭和歌謡、
70年代文化愛好など
趣味も多彩です。

ご意見・ご感想、お仕事のご依頼は
メールアドレス pallas_928アットマークyahoo.co.jpまで
よろしくお願いします。


※ブログ内の画像の無断コピー及び転載はお控え下さい。
リンクはフリーです。

検索フォーム