昨日のタイトなカーディナルグランドクロス。

今日も占星術ネタです。。

取りあえず太陽が牡羊座13度の私が
22日に感じた変化を書いておこうと思います。

普段から、多少貧血気味というのはあるけれど、
その最もひどい感じの状態で
朝、だるくてしんどくて、なかなか起き上がれなかったです。。

ふだん頭痛持ちでも、心臓に持病を抱えているわけでもないのに
一日中、巨人が手で私の頭を左右からぎゅ〜〜〜っと押さえつけているような
ものすごい圧迫感を感じ、頭がガンガン、ズキズキしていました。

心臓鷲掴みにされたようなドキドキ感もマックスで....

そして仕事も絶不調でした。「何度描き直すねん?」というくらい
下描きのペン入れに失敗。心を落ち着けるよう
平常心を...と思うのですが、なかなか上手く行かず。。

結局一枚も仕上げること無く、夜中に寝落ちしました。。
夢も複雑なものを見たようですが、起きると全てを忘れていました。

今日の目覚めも悪かったのですが、昨日よりずっと爽快です。

カーディナルグラドクロス...と言っても
やはり惑星のエネルギーがマックスな、アスペクトがタイトな日なので
それなりに地球に住む人間は、少なからず
私のような影響を受けるでしょうが

もっと大きな規模で何かが起こってしまうというのは
今まで自分が種まきをしてきたことの
カルマを摘み取らねばならない日、と思った方が良さそうな気がしますね。。

大事故や大災害というのは、その人個人というより
国のカルマみたいなものもあるような気もします。。

私は芸能通では無いし、興味ある人も
限られているので、あまり例を書けないのですが
ここ数年で、カーディナルグランドクロスに
完全に巻き込まれちゃってるな〜〜と思った人たちは

里田まい(1984年3月29日)上原さくら(1977年3月31日)
西川史子(1971年4月5日) 黒木瞳(1960年10月5日)
ケンタロウ(1972年10月3日)宮沢りえ(1973年4月6日)

探せばまだまだ、あああの人も!という方は
いくらでもいらっしゃると思いますが
この6人、ここ数年、端から見てもただごとじゃないくらい
激動の人生を送ってらっしゃいますよね〜〜。

知り合いで6月の終わり頃生まれの蟹座がいますが
数年前に立て続けに両親を亡くされましたし。。

でも蟹座は今回の4星座の中では一番状況的にマシな気がします。
山羊座も冥王星が来たことで
なんかカリスマ性や重厚感を発揮されている方が多く
むしろ良い方に転換している人が多いように思います。。

4星座の中で一番気の毒なのはやっぱり天秤座でしょうね。。
その次が牡羊座ではないでしょうか?

でも天王星は魚座にあった頃、芸能人などの状況を見て
かなりブレイクした人が多かったので(お笑いで言うと陣内やノンスタイルetc...)
凶星には変わりはないのですが、良い変化へと
結びつけやすいような気もします。。

巻き込まれた人は、なんと言うか巻き込まれた人特有の
落ち着きの無さと、目がクワッと見開いたような、穏やかとは対局の
心臓が何センチか飛び出したような高揚感と言うか
そおいう表情をされているような人が多いように思います。。

でも里田まいさんなどは、良い方の大変化へと向かった
典型的な方なわけですが
ご本人の見えない所での努力
プレッシャー、重責感は相当なものだと思います。。

凡人が想像出来ないくらいの圧力だと思いますよ。

あとの方々は、離婚やDVや不倫、お子さんの問題等
結局自分が撒いた悪しきカルマを
摘み取る時期がこのカーディナルグランドクロスに
重なったという感じだと思うのです。。

ケンタロウさんなどは天秤座に惑星集合をお持ちで
こおいう人は悪い時期がずっと続くので
本当に気の毒なのですが
私は彼は相当魂のレベルの高い人だと思いますので
(ファンでもなんでも無いのですが)
復帰された時は神がかったような活躍をされるのではないでしょうか?
本当に心から、ご健康になられる日を
待ち遠しく思っています。。。

そうそう、原因のないものの結果なんて無いのだということ。
あと、長い目で見たらあの時は厳しい時期だったけれど
転換の時だった、あれがあったからこそ今の幸せがある、
など、その時にはまだ分からないことっていっぱいあるんですよね。。

それ以外は、自分が行ってきた想いや行動に起因するものばかり
ということに気づかされると思うのです。。

ただ、そうは言っても今の時期、
カーディナルグランドクロスに
ネイタルの重要な惑星が関わる人たちは
いくら「平常心、平常心」と念仏を唱えたところで
本当に大変で、心折れることが多いと思います。。

大きな流れや、情勢の変化などに巻き込まれていくことは
仕方ないことなのかも知れないけれど、大きな痛みは経験すると思います。。。

星はそのポイントに生まれた人たちに
「今でしょ!」と変化を促しているのですから
それに抵抗しようとすると、非常にエネルギーを
浪費して消耗してしまうでしょうし。。


私も去年は本当に大変だったんで
よ〜〜くよ〜〜〜く気持ちは分かります。。


でも、これだけは言えるのは
いつまでも苦しいことって続かないんですよね。

私は今年の誕生日を境に、あれ?何か流れが変わったな〜
というのを肌で感じたんです。

何かあったというわけでもないのに
急に世界が明るい感じに見えて来る。

そう、明けない夜はないのです。そして苦しみは決して続かない。
そおいう日は必ずやって来るのです!!

時期を待つ。それまでは出来るだけじっと
忍耐してやり過ごす。流れに身を任せた方が良いことには
抵抗しない。
決してヤケにならない。。。

そこで悪い行為や想いを更に発すると、
それがまた悪しきカルマとなって
カルマの貯金になって、また刈り取らねばならない日が
来てしまいます。。

心だけでも天国になれるような
自分なりの「癒し」を持つこと。

前にも書きましたが音楽や芸術などは
星の上から見ても、今はとても有効だと思います!

私は時々youtubuで、昔の日本(昭和30~40年代くらいの
記録動画)を見るのですが、本当に癒されます。。

昔の日本人にはまだ神我が宿っていました。


当たり前の日常や人との交流の中に、
深遠な神に繋がるようなことがいっぱいありました。。

自分なりの癒しを見つけて下さい。。
苦しみの中で、きっと知らない間に
自身や実力を蓄えて

いつか脱皮した自分で、明るい日を向かえることが
できるはずです。。

2014.04.23 | | 西洋占星術の部屋

«  | ホーム |  »

プロフィール

ponomariko

Author:ponomariko
兵庫県でフリーのイラストレーターをしております。
パソコンを使った絵は一切描きません。
基本はペン+水彩画です。
イラストの仕事を始めてから
(勤め時代も入れると)約20年以上になります。

今までの仕事内容はリンクにあります
ホームページでご覧下さい。
メールアドレスもそちらにあります。

他に、西洋占星術、マクロビオティッ
ク料理(正食協会上級コー
ス卒業)、ヨーロッパ一人
旅、初代リカちゃん、
洋楽、昭和歌謡、
70年代文化愛好など
趣味も多彩です。

※ブログ内の画像の無断コピー及び転載はお控え下さい。
リンクはフリーです。

検索フォーム