豆腐餃子 マクロビオティック。

RIMG0318 のコピー

とってもヘルシーなマクロビオティックの餃子です。

結構簡単に出来るので、夏は気に入ってよく作っています。

マクロビなので葛粉を使いたいところですが、なければ片栗粉で。

つけだれの梅醤エキスも、なければ普通にお酢と醤油、梅干しのほぐしたもの、
ごま油などを混ぜ合わせたものでも代用できると思います


(材料)
ねぎ  3本
グリーンピース  20個
薄揚げ  1枚
キャベツ  2枚
干し椎茸  3枚
もめん豆腐  1/2丁
葛粉  大さじ1
出し汁  適量
ショウガのみじん切り  少々

餃子の皮 20枚


(作り方)
1 干し椎茸は水で戻しておく。

2 豆腐はふきんに包んで水切りしておく。
(図のようにまな板を斜めにすると水切りしやすい)
img107 のコピー

3 ねぎ、キャベツはみじん切りにする。1の干し椎茸もみじん切り、
 薄揚げは油抜きをしてみじん切りにする。

4 3をボウルに入れて混ぜ合わせ、葛粉、塩、こしょう、ごま油、醤油、
 少しのだし汁で味を付ける。(割としっかりめに)

5 餃子の皮に4の具を入れ、周りに水を少し付け湿らせて包む。

6 フライパンを熱くしておき、油を多めに入れて、
 5の餃子をフライパンに敷き詰める。少し焦げ目が出来るまで焼いたら
 お湯を餃子の半分程入れて、蓋をして蒸し煮する。

7 餃子に透明感が出たら、フライパンのふちから油をすーっと少し入れて火を止める。
 (手際良く)

8 梅醤エキスをダシに入れて延ばして、つけだれにして頂く。

soukai_4978609535000.jpg


とっても美味しいですよ!お試し下さい〜〜

2013.07.21 | | イラストマクロビレシピ

«  | ホーム |  »

プロフィール

ponomariko

Author:ponomariko
兵庫県でフリーのイラストレーターをしております。
パソコンを使った絵は一切描きません。
基本はペン+水彩画です。
イラストの仕事を始めてから
(勤め時代も入れると)約20年以上になります。

今までの仕事内容はリンクにあります
ホームページでご覧下さい。
メールアドレスもそちらにあります。

他に、西洋占星術、マクロビオティッ
ク料理(正食協会上級コー
ス卒業)、ヨーロッパ一人
旅、初代リカちゃん、
洋楽、昭和歌謡、
70年代文化愛好など
趣味も多彩です。

※ブログ内の画像の無断コピー及び転載はお控え下さい。
リンクはフリーです。

検索フォーム