ラスパイユのbIoの朝市。

img649 のコピー
img698 のコピー

ラスパイユのbio朝市。

今ではパリでbioは市民権得て
当たり前くらいになってますが
bioマルシェの草分けだったのが、このマルシェ。

ここに初めて行った時の感動ったらなかったです^^


野菜に限らず、肉や魚、卵に至まで
町のスーパーの食品とは明らかに鮮度も色も違うし

まずその香り!にびっくりします。。

両脇にずらっと並ぶ店の真ん中を歩くだけで
色とりどりの色の洪水にも酔いしれます。。

こんな幸せってない、、くらい。。


フランス人はおしゃべり大好きだから
ちょっとした買い物でも
お店の人と話込んだりする人が多いですね。

昔の日本もそんな感じでしたが。。


まるで野菜の精?みたいな
全身グリーンで決めてる売り子のマダムが
とっても可愛らしかったです^^


2017.06.09 | | マルシェ イラストルポ

バティニョルのbioマルシェ。

img647 のコピー


バティニョルのbioの朝市には
私の大好きなリンゴの種類がいっぱいありました。

箱の前に立ってどれを選ぼうかとワクワク?してるマダムは
真っ赤なエコバッグ&赤いポイントが可愛いコートを着て
リンゴを買うことを心の底から楽しんでいる...

な〜んて深読みしちゃうくらい
なんとも可愛いらしい方でした。。笑

2017.06.07 | | マルシェ イラストルポ

ルーアンのマルシェの野菜たち


3azVPC6vndhWfIQ1462715302_1462715510.jpg


フランスのマルシェの野菜って、見てるだけで
そこに居るだけで、なんと言うか
すっごくパワーがもらえるんですよね。
だからほんと時々でいいから
マルシェ目的でフランスに行きたいくらい。。

色の鮮やかさ、数の豊富さ、ふっくらして大振りな形、香り...
お日様と土の力に圧倒されます。。

BIO(オーガニック)の野菜なら間違いなく、そう。

まず日本の農薬だらけの土壌で育てられた
貧弱な野菜とは全然違いますね。

日本のスーパーとかで並んでる野菜見て
元気になるわ〜〜と思うことがほとんどありません

むわっとくる良い香りが
立ち上っているようなこともありません。。

なんか規格が整った工業製品みたいな感じですね。

お野菜で元気になりたいですね〜(^^)

2016.05.08 | | マルシェ イラストルポ

ストラスブールのマルシェドノエルで出会った親父たち

img577 のコピー

2016.05.06 | | マルシェ イラストルポ

パリ ラスパイユのBIO市 イラストルポ

img916 のコピー

●Brebisとはフランス語で牡羊の意味で、羊乳から作られるチーズ。
羊のチーズは珍しく、もちろんBIOのBrebisなので無農薬飼料で育てられた羊!
このお店はフレッシュタイプのチーズ専門店のゆおで、ショーウインドウの中が
白い宝石の集まりみたいに見えた。とても新鮮なので、買ってすぐ食べたい。
●Faisselle faisselleは水切り篭の意味。ホエーをさっと切っただけの熟成させないチーズ。ふんわりして柔らかい。
●Lait cru 無殺菌の生乳
●Yaourt 羊乳のヨーグルトなんて珍しいよね。まるでフレッシュチーズの味わい...
●Dessert Vanille ちょっと濃厚な固めのプリンといった感じのデザート。キャラメルソースがたっぷり!バニラもナチュラルな素材というのがうれしい....
クリームデザートはカフェ、チョコレート、バニラ、ナッツ ああどれもこれもおいしそう...

チーズは味見もできるし、大きなものはカット売りしてくれるので「コムサ(このくらい)」と言いながら欲しい分量を指などで示せばOK! ヨーグルトなどのビンは次回のお買い物時に返却すればその分バックしてくれるよ(デポジット)

2015.08.31 | | マルシェ イラストルポ

パリ ラスパイユのBIO市 イラストルポ

fTe2YaerK1hFag51474514080_1474514169.jpg

BIO市でであったやさいたち
●celeri これがセロリ?とびっくり。茎の部分を主に食べるらしい。
香りが強くてスープなどの香味野菜としてつかわれる
●bettrave rouge ビーツ。生のものは珍しいらしい。薄切りにして
酢漬けにすると砂糖がいらない甘酢漬けに
●echalote 小さなタマネギみたい!すりおろしてドレッシングに入れたり
みじん切りにして肉・魚料理の香りづけに使われる
●pomme de terre お馴じみのジャガイモ。煮込み料理によく使われる
●carotte フランスでは煮込み料理やサラダなどによく使われる。パリの
安食堂の定食に付け合わせで出るサラダは、千切りのニンジンが一番多い

BIO市では不思議でちょっと変わったやさいがたくさんあって、
例えば根菜なら真っ黒なダイコン(中は白い)radish noirや、
ブロッコリーの一種で花束のように見える
choux romanesco、生では珍しいと言われるbetteraveなどなど
「これってどうやって料理するの?」「どんな味?」と
想像をふくらませながら見て歩くのも楽しい。
レストランやどこかで食べた時、やさいの名前を覚えておけば
パズルが合ったみたいに嬉しくなる!

2015.06.11 | | マルシェ イラストルポ

パリ ラスパイユのBIO市 イラストルポ

kYJplrMqrxaRtsV1474513887_1474513962.jpg

●fenouil フェンネル。魚料理やサラダなどに使われる。ハーブのディルはフェンネルの仲間だそうで、そおいえば葉っぱが似ている。
●qrtichaut アーティーチョーク。朝鮮アザミ。ガクの根元と花を食べる。茹でるとジャガイモみたいなホクホク食感。
●haricots verts お馴染みのインゲン。"h"は発音しない。茹でてメインに添えたり、煮込み料理、サラダ...いろいろ。
●navet カブ。冬のマルシェの代表格。煮込み料理やポトフ、クスクスなどによく使われる。
●trevise 赤チコリ、紫キャベツみたい...。歯触りはレタスよりしっかりしてて、キャベツより柔らかい感じ。苦みがあって、サラダのアクセント的存在。生で食べる。
●kaki 遠い異国でばったり旧友に出会ったような感動が...。フランスではそのもの"kaki”として売られている。
●panais 白いニンジンかと思った!ポトフに入れたり、ポタージュにしたり...カブのようなジャガイモのような食感。
●patate douce "甘いイモ”。サツマイモと似てるけど、水分が多くホクホクはしないそう。薄茶色の方の中はオレンジ。甘味はかなり強いのでお菓子などに....。

2015.06.11 | | マルシェ イラストルポ

パリ ラスパイユのBIO市 イラストルポ


el3MdTMlW5c9vPO1474513631_1474513673.jpg

 
●aubergine 鮮やかな色がおいしそうなナス。煮たり揚げたりいろいろ使える。
●poivron ピーマンのこと。煮込んだり裏ごししてペースト状にして使うことが多いらしい。
●champignon マッシュルーム。とても幅広く使えるキノコの代表選手!
●tomato フランスの人もよくピッツアは食べるみたい。ソースや前菜、
 煮込み料理などに使われる。
●radish 赤いラディッシュは有名だけど、こんな白いものも。
小カブみたい...生でもイケる。
●con-combre キュウリ。前菜やサラダ、煮込み料理などに使われる。
●courgettes ズッキーニ。イタリア料理でよく使われる。これでもカボチャの仲間!
 茹でる、炒める、煮る、揚げると万能。肉・魚料理のつけ合わせとしても。

BIO市の出店数のうち、約半分くらいが八百屋さんで、
色とりどりの珍しいやさいたちが
木箱やカゴにあふれんばかりに盛られ、陳列されている。

普通のスーパーと明らかに違うのはその鮮度と香りの高さ。
あたりにふわっと匂い立つような...

その分、他の朝市やスーパーよりお値段高めなのが痛いけど。

※八百屋さんのディスプレイは無造作?計算?
とにかくかわいい!ステキ!!

2015.05.31 | | マルシェ イラストルポ

パリ ラスパイユのBIO市 イラストルポ

zmHKkxThYDlPnHT1433072464_1433072575.jpg

パリのラスパイユ通りに毎週日曜日だけ立つ市(平日は普通の朝市)がBIOの市。
BIOとはオーガニックの意味で、フランスの厳しい基準検査を受けた
製品だけが並ぶマルシェ。八百屋を始め、オイルや酢、
豆、ドライフルーツなどを置く乾物屋、パン屋、チーズ屋、
肉屋、魚屋、卵屋、ワイン屋などが通りにひしめき合うように立ち並ぶ。

ブルターニュ産の塩や海藻のびんづめを売る店、アロマオイルやシャンプー、
化粧品、マルセイユ石けんを並べる店、オーガニックコットンの服屋、
ジャム屋、はちみつ屋、ハーブ屋、スープ屋なんていうのもある。
日本の自然食品店でも見かけない珍しいものがいろいろあるので、
その場で焼いてくれるガレットやマフィンをほおばりながら
(朝食は抜いていくこと!)ただ歩いているだけでも十分楽しめる。

オーガニック大好き!の私にとってまさに夢のような
パラダイスのようなマルシェでアドレナリン放出しまくりのひとときだった...。

2015.05.31 | | マルシェ イラストルポ

«  | ホーム |  »

プロフィール

ponomariko

Author:ponomariko
兵庫県でフリーのイラストレーターをしております。
パソコンを使った絵は一切描きません。
基本はペン+水彩画です。
イラストの仕事を始めてから
(勤め時代も入れると)約20年以上になります。

今までの仕事内容はリンクにあります
ホームページでご覧下さい。
メールアドレスもそちらにあります。

他に、西洋占星術、マクロビオティッ
ク料理(正食協会上級コー
ス卒業)、ヨーロッパ一人
旅、初代リカちゃん、
洋楽、昭和歌謡、
70年代文化愛好など
趣味も多彩です。

※ブログ内の画像の無断コピー及び転載はお控え下さい。
リンクはフリーです。

検索フォーム