St.Valentine's day

img107 のコピー

スポンサーサイト

2018.02.13 | | 時々日記

マクロビオティック 太巻き寿司

IMG_3392 のコピー
ひな祭りの手まり寿司の記事のが
先にきちゃったけど、、

節分に具材をマクロビオティックに徹底した
太巻き寿司をつくってみました〜。

ほんとは分搗き米でちょっと軽めにしたかったのですが
(全部玄米だとかなりボリューミーに感じます^^)
玄米100%で。いつもより固めに炊いてます。
IMG_3401.jpg
具材は人参の蒸し煮、小松菜のしょう油洗い、レンコンの酢煮、干し椎茸の煮物
擬製卵(かぼちゃと木綿豆腐)と寒干し大根の漬物も刻んで少し入れました。
IMG_3406.jpg
玄米3カップで4本分作れます。
IMG_3411 のコピー
酢飯の酢は自家製の梅酢100%です。水を少し足しても良かったかな?
レンコンがしゃきしゃきして美味しかった^^(自画自賛)

2018.02.05 | | 時々日記

かまくら遊び。

かまくら遊び

これも昔に描いたイラスト。。^^;


小学生の頃、何かで見た秋田のかまくらに憧れてました


実際には未だ見たこと無いんですが


暖かい綿入れを着た子ども達が
むしろを敷いたかまくらの中で
火鉢で焼いたお餅を食べたり
甘酒を飲んだり
道行く人にそれを振る舞ったり

ままごとの要素も含んでいて
なんだかとっても楽しそう^^

かまくらの中央には祭壇があって
みかんやお餅が供えられ
水神様をお祀りする
信仰のようですが。。


しんしんと雪の降る静かな夜
道ばたに並んだかまくらから
暖かい灯がもれて
子ども達が楽しそうにはしゃぐ情景は
まるでおとぎの国のようですね。


2018.01.10 | | 時々日記

2018年あけましておめでとうございます!

img057 のコピー

だいぶ昔に描いた絵ですが。。^^;

昭和のお正月って静かでしたよね。

日本中の通りのあちこちで
こんな風景が見られたものです。



今年も人の心に届くようなイラストが描いていけたら
嬉しいなぁと思います^^

2018年もよろしくお願いします

2018.01.01 | | 時々日記

昭和のクリスマス。

バターケーキ
小さなクリスマスツリー
サンタのブーツのお菓子
こたつにみかん(笑)クリスマスの想い出のコピー のコピー

2017.12.24 | | 時々日記

Joieux Noel!

クリスマスツリーも神様の降りる依り代です。。

クリスマス のコピー 3

門松とクリスマスツリー

あちらはもみの木、日本は松。

どちらも常緑樹です。

そして日本のしめ飾りのように
クリスマスリースを飾りますよね。

こんなそっくりな風習が
はるか遠いヨーロッパにあることって
とても不思議だと思いませんか?

それは洋の東西を問わず、昔の人たちが

神様がこれらの依り代に宿るのを
感じ取っていたからでしょうね。

もちろん神様と言っても、実体の無いものですから
単純に言えば「気」みたいなものが
宿っているのを感じたということですが。。

昔の人たちは現代と違って
もっと自然に近い
感度の高い暮らしをしていたので

見えないものを見たり感じたりする人たちも
多かったように思います。。



Avec tous mes voeux de joyeux Noel.

良いクリスマスを、祈りを込めて。。。

2017.12.24 | | 時々日記

年末年始のスピリチュアル歳時記。



日本の歳時記というのは
よく出来たもので
いつでもそこを「節目」として
上手に利用しながら生きて来たのですね。

もうすぐ、年末年始という最大の節目がやって来ます。

そこにはたくさんの
お祓いや運を招く意味の込められた行事が多いです。

今年は色々駄目だったなぁ
何となくうまくいかなかったよ...と思う人も

年内のうちに、きれいさっぱり洗い流して
自分をリセットしましょう!


新年は絶好のリベンジチャンス。


律儀に全ての行事はこなせなくても

身も心も浄化し、幸運を招き入れる意味での
すす払い(大掃除)、
年神様をお迎えするための門松やしめ飾り、
日頃見守って頂いている氏神様への初詣、
一年の邪気が払われるという初水・お屠蘇。

明るく笑って福を呼ぶ。

ここらへんくぐらいはクリアしておきたいものですね^^

まずは年内のうちに大掃除しましょう!
念を込めながら、しっかりと隅々まで。。

img048 のコピー
img049 のコピー
img054 のコピー
img047 のコピー

2017.12.21 | | 時々日記

クロスワードDay1月号 イラストレシピ。

 D1Q56-A のコピー
D1Q56-B1 のコピー

2017.11.24 | | 時々日記

ホームページ閲覧停止日。

サービスの終了は10月末でしたが
ホームページ閲覧停止日は
 2017年11月16日(木)だそうです。

まだ閲覧数1万回目指します。

  
よろしくお願いします。


top_ja のコピー

2017.11.02 | | 時々日記

梛八幡神社 継獅子 獅子舞。

IMG_0141.jpg

もう20年くらい前ですが
龍野市の梛八幡神社で10月に行われる
獅子舞に魅せられ、この時期になると
毎年訪れていました。。

5歳の幼児が母親の介添えを受けながら
獅子の周りで舞う「八嶋」や
「花笠」という踊りも可愛かったけれど
クライマックスの「継獅子」の獅子舞はとにかく、圧巻でした。

観衆が息を飲んで見つめる中
大人の肩の上で、アクロバティックな
危険な技を演じる子どもたちの演技は
相当練習を積まないと出来ないものだと思います。

出演する子どもたちの衣装は全部自前だそうで
あでやかな衣装や刺繍入りの鉢巻き
100万円もするという化粧回しの豪華さに
思わず見とれ、写真を撮りまくったものです。

子ども達の華やかさに負けじと
お母さん方も
ほとんどが着物姿だったのが印象的で

家族親戚揃って境内の敷物の上で
ごちそうを広げて昼食を取る姿は
なんだか別世界の景色のようでした〜。

獅子舞組織は獅子組という責任制で
5年、10年、15年、20年、30年に一度と言う
自治会の持ち回りだそうで
当事者はお金の面も含め、とても重責だと思います^^;

「いいな、いいな」なんて言えるのは
気楽なよそ者ゆえの憧れ、戯言ですよねぇ。。

※この絵を描いたのは、確か
肩の上で曲芸のように舞う姿ではなく
出待ちで子ども達が遊んでる表情が
とてもリラックスして
良かったからだと思います。

img917 のコピー
100万円もするという豪華な化粧回し。
img916 のコピー
女の子も着物とお揃いの脚絆を付けておしゃれ。

2017.10.12 | | 時々日記

«  | ホーム |  »

プロフィール

ponomariko

Author:ponomariko
兵庫県在住。
成安女子短期大学造形芸術科 日本画コース卒。

見た人の気持ちが優しくなったり
どこか懐かしい
絵を描くことが私の目標です。

パソコンを使った絵は一切描きません。

基本はペン+水彩画です。
イラストの仕事を始めてから
(勤め時代も入れると)約20年以上になります。

他に、西洋占星術、マクロビオティッ
ク料理(正食協会上級コー
ス卒業)、ヨーロッパ一人
旅、初代リカちゃん、
洋楽、昭和歌謡、
70年代文化愛好など
趣味も多彩です。

ご意見・ご感想、お仕事のご依頼は
メールアドレス pallas_928アットマークyahoo.co.jpまで
よろしくお願いします。


※ブログ内の画像の無断コピー及び転載はお控え下さい。
リンクはフリーです。

検索フォーム