秋彼岸。おはぎをつくろう!

img957 のコピー

朝晩すっかり肌寒くなってきましたね。
「暑さ寒さも彼岸まで」とは良く言ったものだな〜と
この時期になると本当に感心してしまいます。

ところで春は「彼岸」秋は「秋彼岸」って分けて言うって知ってました?
(私は知りませんでした^^;)

ついでに秋分の日って言うのは
前後3日ある「秋彼岸」の真ん中の日を言うんですね〜。

この日は昼と夜の長さがほぼ同じになりますね。
(占星術では太陽はこの日から天秤座に移行します^^)

お彼岸とは「祖先を敬い、亡くなった人を偲ぶ」日。

お重におはぎを詰めて、家族揃ってお墓参りに行く、なんてのも素敵ですね。

この「おはぎ」ですが秋の花「萩」に合わせて秋彼岸に食べ
春は「ぼた餅」と名前が変わりますね。

私の家では小さい頃から
秋でも春でも「おはぎ」で通してたので
今更「ぼた餅」なんて、違和感しきりで呼べませんが。。(爆)

季節感を子どもに伝えたい親御さんは、その辺り気をつけて使い分けてみたら良いのかも。。

「おはぎ」の想い出と言えば
家でつくるおはぎは、ちょっとした名物イベントでした。

家の父は私が小学校の高学年の頃から、短大入るくらいまで
海外と日本行ったり来たり、単身赴任も長かったので
(まだ日本の食材が手に入りにくかったこともあり)
いつも「日本食」に飢えてました。

父は特に「おはぎ」が大好物で
帰ると季節関係無く、必ずリクエストしました。

そしてわが家の名物「おはぎづくり」が始まるのです。。
父が居ないときは、私があんこ担当なのですが
このときばかりは父があんこ担当にチェンジ。私はきなこ担当です

父がつくるつぶあんのおはぎは大きくて
とても美味しかったのを覚えています。ついでに父がつくるおにぎりも
母の小ぶりのと違ってとても大きく、きれいな三角でおいしかったな〜^^

大きな手でつくる握りものって良いですよね

まさに故人を偲ぶ「おはぎ」の想い出です。。

khSocElxQYoSYOH1505972296_1505972634.jpg

img857 のコピー

2017.09.23 | | 時々日記

お月見汁。

お月見汁のコピー


クロスワードDay(連載)で描いたものです。

おだんごと野菜たっぷりのみそ汁がドッキング。
手軽にどっちも食べれるのが良いですね^^

2017.09.14 | | 最近のイラストのお仕事

お月見。


十五夜 旧暦では7〜9月が秋

その真ん中にあたる旧暦8月の十五夜は
空気が澄んで一年で最も美しいとされる月が見られ
「中秋の名月」とも呼ばれます

カレンダーが無かった頃は
月の満ち欠けで日にちを数え
作物を育てていました

月は身近で
とても大切なものだったんですね


月が良く見える場所に秋の草花を飾り
団子や里芋などをお供えして

豊作を月に祝った昔の人の心へ
想いを馳せてみましょう


それにしても満月を見ていると
どうしてあんなにしみじみとした
静かな気持ちになってくるのでしょう...?

日本人の風流な心をいつまでも忘れないために
お月見の行事を伝えて行きたいものですね

(ちなみに今年の十五夜は10月4日)


img788 のコピー 3

子どもの頃、母が作ってくれただんご目当てに
すすきの穂を山ほど摘んで帰ったことがあります(笑)

今年は月見だんごをつくってみませんか?
とっても簡単ですよ〜
月見だんごをつくろう!のコピー

上新粉90g
もち粉10g
砂糖10g
熱湯50cc〜

上新粉が多いので
蒸し上がったらよく搗いて下さいね

2017.09.11 | | 時々日記

ワンルームマンションのユニットバスが。。

img785 のコピー

何か時々変なことを思いつきます(^^;)

イマドキのワンルームマンションの
ユニットバスが
こんな木の風呂桶だったら面白いのにな〜
桶職人さんも復活するだろうし。

きっと外人含め
若い人にも人気出るんじゃないんだろうか?
な〜んて思って落書き^^

「風呂桶がカビる」と即却下されそうですけど〜

2017.09.07 | | 時々日記

実りの秋 さんまの塩焼き。

夏休みも終わり、今日から9月。

涼しい風が吹いて
秋の気配もぐっと深まり
空気がとても澄んで来ました。。

空もいつのまにか少し遠くに感じます。


ウォーキングしてると
日々作物の実り具合が分かりますが

もう柿が熟れて地面に落ちてたり
いちぢくの実が真っ赤になる前に
鳥に食べられてしまってたり。

稲穂も重そうに首を垂れ始めました。


IMG_1464 のコピー

コサギが田んぼで何かついばんでました(可愛い)

稲に当たる夕陽の光と影のコントラストがくっきり。

真夏の夕陽は日中の暑さの延長で
まどろんだままの熱のこもった
あいまいな感じですが

これも秋独特の澄んだ空気が見せる情景のひとつですね〜


いつもお盆過ぎた辺りから「もう夏が終わっちゃうんだなぁ...」
ってちょっと憂鬱なモードになってしまいますが

それでも実りの秋は
食べることでは楽しみが多い季節です。


9月に入るとさんまの水揚げが本格的になってきますね。


(さんまの塩焼き)

1.さんまは1本でも
焼きやすいように半分に切っても。
全体に塩をして5分程置く

2.さんまの水気を拭き
両面をこんがりと強火の遠火で焼く

3.大根おろしを添える。
すだちやレモンもお好みで

img753 のコピー

img752 のコピー

img610 のコピー

2017.09.01 | | 時々日記

浴衣 女性。

img745 のコピー

虹立ちて 雨逃げて行く 廣野かな(高浜虚子)



雨はたっぷり降ってくれましたが
暑いですね〜^^;

美女の浴衣姿のイラストで
少しでも涼を感じて頂ければと。。

2017.08.08 | | 時々日記

花火 浴衣。


img743 のコピー

夕立にひとり空見る女かな

さぁ今日は楽しみにしていた花火ですよ〜。

ぴしりと折り目正しい浴衣姿で
涼しい夏の夜を楽しみましょう

2017.08.06 | | 時々日記

クロスワードDay9月号 イラストレシピ。

秋に食べたいお魚は?
揚げないカレー南蛮漬け(2人分)

D9Q6-B のコピー
D9Q6-A のコピー


1.サケ切り身2切れは適当な大きさに切る。塩・コショウで下味をつけ
表面に片栗粉をまぶす。フライパンにオリーブオイル大さじ1を熱し
両面を焼く。
2.タマネギ1/2個は薄切りに、ピーマン1/2個、ニンジン1/2本は千切りにする
3.鍋にめんつゆ、水各1/4カップ、酢大さじ1、カレー粉小さじ1を入れ加熱。
一煮立ちしたら火を止めて粗熱を取り、バットに入れ1と2を一緒に漬け込む。味がなじんだら完成!
(2017年9月20日追記)

2017.07.29 | | 最近のイラストのお仕事

クロスワードDay8月号 イラストレシピ。

便利な肉味噌(4~5人分)

1しょうが一片と長ねぎ1/2本を各みじん切り

2耐熱容器に1と鶏肉のミンチ250グラム
味噌、砂糖各大さじ4、しょう油、酒各大さじ2を入れて混ぜる
ラップをしてレンジで5分加熱(途中で一度、均一に混ぜて再びチン!)
で肉味噌の完成

3ナス250グラムは好みの形にカットして水にさらし
アクを抜いてレンジでチン!
各自の皿に取り、スプーンで肉味噌をかける

4れんこんやダイコン、しいたけ、豆腐、レタス
斜め切りのきゅうりにと、具材のアレンジは自由自在!

D8Q6-A のコピー
D8Q6-B のコピー
img728 のコピー

2017.07.29 | | 最近のイラストのお仕事

クロスワードDay7月号 イラストレシピ。

スッパうまいお肉
梅ダレの肉巻き(3人分)

D7Q6-A のコピー
D7Q6-B のコピー


続きを読む

2017.07.28 | | 最近のイラストのお仕事

«  | ホーム |  »

プロフィール

ponomariko

Author:ponomariko
兵庫県でフリーのイラストレーターをしております。
パソコンを使った絵は一切描きません。
基本はペン+水彩画です。
イラストの仕事を始めてから
(勤め時代も入れると)約20年以上になります。

今までの仕事内容はリンクにあります
ホームページでご覧下さい。
メールアドレスもそちらにあります。

他に、西洋占星術、マクロビオティッ
ク料理(正食協会上級コー
ス卒業)、ヨーロッパ一人
旅、初代リカちゃん、
洋楽、昭和歌謡、
70年代文化愛好など
趣味も多彩です。

※ブログ内の画像の無断コピー及び転載はお控え下さい。
リンクはフリーです。

検索フォーム